リブーターにはどのような種類があるのですか?
ホーム > リブーターにはどのような種類があるのですか?

リブーターにはどのような種類があるのですか?

リブーターとは、明京電機株式会社が開発製造している、ネットワーク電源制御装置の登録商標のことです。

 

現在、次の機種が存在しています。

 WATCH BOOT min   (RPC-M4H)      メーカーのページへ
 WATCH BOOT L-zero   (RPC-M4L)    メーカーのページへ
 WATCH BOOT light   (RPC-M5C)     メーカーのページへ
 WATCH BOOT nino   (RPC-M2C)      メーカーのページへ

 

PIN-KANパックとして、パッケージ販売しているのは、以下の機種です。

 WATCH BOOT L-zero   (RPC-M4L)
 WATCH BOOT light    (RPC-M5C)
 WATCH BOOT nino    (RPC-M2C)

 
すべての機種に共通しているのは以下の機能です。

 ネットワークによる電源制御(WEB、TELNET、E-mail、SNMP)
 PING監視による死活監視と自動電源OFF,ON機能
 週間スケジュールによる電源ON、OFF(NTPサーバー必須
 電源ON時のWOL用のMAGICパケット送出
 仮想アウトレット8個(WOL機能のみ)

 

機種による機能の違いは以下のとおりです。

  WATCH BOOT min   (RPC-M4H)
    アウトレット数  4個  最大制御容量 1500W  UPS連携有 
    NTTCP機能有 温度センサーオプション対応

  WATCH BOOT L-zero   (RPC-M4L)
    アウトレット数  4個  最大制御容量 1500W  アウトレット抜防止型
    電源OFF時のシャットダウンスクリプト通信対応 
    50℃環境対応 温度センサーオプション対応  手動スイッチオプション対応

  WATCH BOOT light   (RPC-M5C)
    アウトレット数  4個  最大制御容量 1500W  
    電源OFF時のシャットダウンスクリプト通信対応
    温度センサーオプション対応

  WATCH BOOT nino   (RPC-M2C)
    アウトレット数  2個  最大制御容量 1000W
 
 

関連する質問